イベントは 終了 です

資源的人会議 #5 茅葺とコロナ以降のデザイン (zoom配信イベント)

詳細

資源的人会議#5

オンライン開催「茅葺とコロナ以降のデザイン」


 2019年の台風15号で被害を受けて茅葺があらわになった「古民家ゆうぎつか」を巡り、林良樹(アーティスト)、相良育弥(茅葺き職人)と塚本由晴(建築家)が語る。
 林良樹は「美しい村が美しい地球をつくる」を掲げ、循環と美しさのシンボルとして茅葺屋根を再生させたいと言う。
 本イベントではその可能性を探ると共に、茅葺き職人からのレクチャー、リアルタイムで点検口からの茅葺屋根裏ツアー、参加者全体を含めたディスカッションを含む。
※このイベントはzoomによる配信で行います。事前にzoomのインストールをお願いいたします。

□キーワード
#茅葺再生
#循環社会
#コロナ以降のデザイン

□こんな人におすすめです!
・茅の再創造に関心がある
・デザインに循環を取り込みたい
・暮らしのあり方を考えたい

□タイムスケジュール
12:45 - 13:00 受付開始
13:00 - 13:10 チェックイン&オリエンテーション
13:10 - 13:30 林良樹「美しい村が美しい地球をつくる」
13:30 - 14:00 相良育弥(茅葺き職人)「茅葺きをもっと身近に」
14:00 - 14:05 休憩
14:05 - 14:40 茅葺屋根裏ツアー
14:40 - 15:00 グループディスカッション
15:00 - 15:20 ハーベスト・チェックアウト

ホスト
林良樹(半農半アーティスト)
 
千葉・鴨川の里山に暮らし、「美しい村が美しい地球を創る」をテーマに、釜沼北棚田オーナー制度、無印良品 鴨川里山トラスト、天水棚田でつくる自然酒の会、釜沼木炭生産組合、地域通貨あわマネー、千葉大学国際教養学部 鴨川実習、アーバンファーマーズクラブ田んぼ部、「小さな地球」PJ、博報堂UoCなど、人と人、人と自然、都会と田舎をつなぐ多様な活動を主宰。

ゲスト
相良育弥(茅葺き職人)
 
1980年生まれ。株式会社くさかんむり代表。
兵庫県神戸市北区淡河町を拠点に、空と大地、都市と農村、日本と海外、昔と今、百姓と職人のあいだを、草であそびながら、茅葺きを今にフィットさせる活動を展開中。
平成27年度神戸市文化奨励賞、第10回 地域再生大賞 優秀賞、ジャパンアウトドアリーダーズアワード2020 優秀賞

モデレーター
塚本良晴(建築家)
 建築家/アトリエ・ワン/東京工業大学大学院教授


□開催概要
開催日:2021年1月23日(土)
時間:受付:12:45~ 開始:13:00~ 終了予定:15:10
参加費:2000円
定員:30名
申し込み:peatix
場所:オンライン動画配信(zoom)でのイベントになります
主催:一般社団法人小さな地球+東京工業大学塚本研究室
協力:あわたび
*チケットサイト Peatix でのお申し込みをお願いいたします。

□キャンセルポリシー
1月20日23時59分(水)までのキャンセルの申し出につきましては、peatixの手数料を差し引いた金額を返金いたします。1月21日(木)以降は返金に応じかねますので、予めご了承ください。

□お問い合わせ
資源的人会議事務局:shigentekijin@gmail.com
まで。
追加情報
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#894238 2021-01-23 02:01:34
過去の更新
2021/01/23 (土)
12:45 - 15:10 JST
カレンダーに追加
会場
オンライン
チケット
茅の1本 受付終了 ¥2,000
主催者
資源的人会議 事務局
フォロワー数: 83

[PR] おすすめ情報